胡蝶蘭のファレノプシス・アマビリス

3月 22nd, 2014

胡蝶蘭は山地の谷間、川の流れの近くの湿度の高い地上数十メートルの樹木の幹に生息し、春から夏にかけて開花します。

日本で流通している胡蝶蘭はファレノプシス・アマビリスを品種改良したものが多く、ギリシャ語のPhalaninaとopsisが名前の由来とされていて、花の形が蛾に似ていることからこのように呼ばれています。

景品とはなんであるかについて

3月 21st, 2014

景品についてですが、まずはその定義はお金を直接的に使用しないで手に入れることの出来る物品のことです。

その定義から、景品を手に入れるということは喜びや嬉しさの対象となり得ます。

また、ゲームやレクリエーションの中での賞品として扱われることもあります。

従って景品を取るために人々が努力するということもあり、目標ともなる存在です。

壁面緑化と冷房費削減

3月 19th, 2014

壁面緑化すると太陽の直射日光を防げるので建物の温度上昇が防げるので、冷房費を抑制できます。

壁面緑化に必要な経費は植物を維持する水道代だけなので、光熱費と冷房費の大幅コストダウンが可能なため都市部のビルで採用されています。壁面緑化に使われる植物は蔦が多く、蔦は短期間で成長するので、春に導入すれば夏に間に合います。